廃車の「供養」って?

廃車に対して行う「供養」って?


日本では古来より「もの」には魂が宿ると考えられてきました。
日本の民間信仰においては「付喪神」と呼ばれるものがまさにこの「もの」に宿る魂といえるでしょう。
長い時間や多くの経験をともにしてきたものには魂が宿り、大切に扱えばそれだけ持ち主に幸福を呼び、疎かにすればそれだけ持ち主に災いを呼ぶというのがその民間信仰における考え方の基本となります。
このような民間信仰は現代においては非常に薄れてしまいましたが、現代においても新たな家を建てる際には三隣亡の日を避け、その土地の神様へ祈祷を行う、また古くからある家財道具や人形といったようなものを処分する際には供養を行うといったように、生活に深く関与をしています。
これは廃車となる自動車においても同様のことです。
現代においても廃車工場に勤務する人々の組合にて、廃車となった自動車のための供養祭が行われることがあります。
また組合に属する人でなくとも一台の自動車を長く乗り続けたというような場合であれば、それだけその自動車には思い出が詰まっていることでしょう。
特に事故を起こして廃車にせざるを得なくなったというような場合であれば、自動車が最期に事故から運転手と乗員を守ってくれたと考え、感謝の意を示してあげるのが、愛車に対する最後の礼儀ともいえます。
では廃車として処分される自動車の供養としてはどのような方法があるのでしょうか。
まず最も手軽に出来るのが、車体を自身の手で磨いてやり、車内のダッシュボードなどに御神酒を供えるという方法です。
お神酒を供えた後はすぐには下げず、朝に供えたのであれば夜に下げる、夜に備えたのであれば翌朝に下げるなど、しばらく時間をおく必要があります。
この手段だと祝詞などはあげることは出来ませんが、これまで自身の足となって働いてくれた自動車に対して感謝の意を示すという点においてはこうした方法が考えられるでしょう。
よりしっかりとした方法で行いたいというのであれば、自動車供養を行っている寺社に依頼をすることも可能です。
費用はそれぞれの寺社によって定められることとなりますので地域や、それぞれの寺社ごとに異なってくるのが通常です。
ですが平均的には5000円程度、高くとも1万円から2万円の範囲内に納まるのが通常です。
寺社によっては自宅や廃車の保管所まで僧侶が出向き、祝詞をあげて供養を行ってくれる場所もあります。
また中には廃車の手続きを代行してくれたり、手伝ってくれたりといったサービスを提供している寺社もありますので、それぞれの状況に合わせて選択するようにすると良いでしょう。

Copyright© 2014廃車買取で損をしない方法を知ろう! All Rights Reserved.