廃車の扱い

廃車になった車はどうなる


廃車になった車はどうなるのでしょうか。
廃車といえばスクラップになり、あとはゴミになるというイメージがあるかもしれませんが、実はかなり再利用されているのです。
まず廃車と言ってもまだ動く車の場合でしたら海外に再販される場合もあります。
日本では再販できないような過剰走行をしている車でも海外では売れるのです。しかも日本車はかなりの人気ですし、しかも中古ということで安く購入できることからよく売れます。
海外の中でも発展途上国では得に人気があるのです。
車そのものがもう使えない場合でもまだリサイクルできます。
廃車解体処理施設では車を解体してまだ使える部品を取り出すのです。そして中古部品としてまた再販するのです。
かなり古い車を修理したくても新品の部品がもう製作されておらず、修理できない場合もあるのですが、中古の部品があれば修復できるということでかなり中古部品も人気になります。
中古部品は日本国内でも再販される場合もありますし、海外で売られることも少なくありません。
エンジンなどは特に人気があり、船を動かす動力源として使われること多いのです。
それではもう部品も取り出せないような水没した車や事故をして大破してしまった車はどうなるのでしょうか、これこそもう単なるゴミにしかならないものなのでしょうか。
実はこのような廃車でもまだ使い道があるのです。
どれだけ形が悪くても塗装が取れていても鉄があればそれを再利用できます。
鉄は溶かせばまた自動車部品になるのです。
もう動かせない車であっても車そのものが大きいと使われている鉄の量も多いですので実はかなりの価格で売れることも少なくありません。
このようにどのような車であても活用できるのです。
消防車などの特殊な車の場合でも海外ではかなりの人気で活躍しています。
ちなみに今では車を購入するときにリサイクル券も一緒に購入していますので、車の処分をする手数料は支払う必要がありません。リサイクル券を渡せば無料で処分できるのです。
自動車は公害になるというイメージがかなり強いのですが、実はかなり使える部分が多いですので環境にいいものといえます。
車もリサイクルしやすいように作られているものも多いのです。おかげでリサイクルの手間もかなり軽減しています。
あとタイヤなどの鉄以外の部品ですが、これも実は中古部品として再販することが可能です。
他にもカーナビなども取り出してこれだけで再販することも少なくありません。

Copyright© 2014廃車買取で損をしない方法を知ろう! All Rights Reserved.